VIO脱毛の痛みってどのくらい?フラッシュとレーザー脱毛の痛みの違い

脱毛サロンまとめなびの
現在掲載中の
口コミ
これまでの口コミ 82

脱毛サロン選びに迷っている方は必見です!長く通う場所だからこそ、失敗しないサロンを選ぶポイントをご紹介。あのサロンが評価されているのは何故なのか…?人気の5大サロンを脱毛サロンまとめなびが徹底比較!

メニューを閉じる

やっぱり痛い?VIO脱毛の痛みの感じ方

アンダーヘアのムダ毛を脱毛するVIOラインの脱毛は、近年有名スポーツ選手などの影響もあり、男女とも急速に受ける人が増えています。けれどもデリケートゾーンであるだけに、ほかの部位よりも痛みが強いのでは?と心配する声をよく耳にします。確かに、口コミなどでも「泣くほど痛かった」「途中でリタイアした」などという書き込みをしている経験者もいます。こんな書き込みを見てしまったら、思わず躊躇してしまいますよね。

やっぱり痛い?VIO脱毛の痛みの感じ方

デリケートなVIOライン脱毛の際に感じる痛さは、毛の質や毛量などにより、感じ方にはかなり個人差があります。よく言われるのが、輪ゴムでぱちんとはじかれた時のような痛みという表現ですが、それも痛みに強い人、弱い人によってさまざまです。しかし、施術を進めていくうちに毛量がだんだん少なくなり、毛自体も少しずつ細くなってきて、それに伴い痛みもだんだんと減ってくるといいます。さらに、最近では使われる脱毛機器によっても痛みに違いが出てきています。どうせなら痛みの少ない機器での脱毛をしたいと思いますよね。

脱毛は、皮膚へ放出したレーザーの光が皮膚を通過し、毛が作り出される毛包部分に届き、毛根を破壊することによって、毛の育成を止めるという仕組みを利用して行います。 VIO脱毛を行う部分は、特に皮膚が薄くて痛みを感じやすいデリケートな場所であるからこそ、より快適で安心して施術を受けることのできるサロンなどを選ぶことが大切になります。事前のカウンセリングを受けて自分が不安に思っている施術時の痛さや、施術の際に注意しなくてはならないことなど、心配なことは何でも相談してみましょう。

脱毛機器によって痛みに違いがあるの?
脱毛機器によって痛みに違いがあるの?

上記に示したようにVIO脱毛で感じる痛みには、個人差があります。 「ワキ脱毛には耐えられたけどVラインは無理」という人もいれば、「むしろワキ脱毛の方が痛かった」という人もいます。また、「ビキニラインは痛みを感じなかったけど、Iライン、Oラインは痛かった」というVIOの中でも痛みに違いがあるようです。しかし、痛みに耐えなければきれいになれない!というのはひと昔前の話。現在は、脱毛サロンのフラッシュ脱毛器はどんどん進化しています。

もっとも痛みが強いと言われている脱毛法は、電気ニードル脱毛です。かつてはこれが主流でした。しかし、医療レーザー脱毛ができ、さらにエステサロンで使用されているフラッシュ脱毛ができ、どんどん痛みは軽減されてきたのです。今は、そのフラッシュ脱毛の中でも細分化され、IPL脱毛、S.S.C脱毛、ハイパースキン脱毛などがその代表格になっています。

永久脱毛ができる医療脱毛は、施術期間は短くて済みますが、痛みに関してはやはり強いと言われています。ただし、医療期間ですので、どうしても耐えられない場合は、笑気麻酔をしてくれることもあります。ですが、施術の度に麻酔をするというのも体に負担をかけそうですよね。それに比べ、出力が低い脱毛サロンのフラッシュ脱毛は痛みは少なくなります。もちろん、脱毛完了までにかかる期間はその分、長くなります。

そして、そんなフラッシュ脱毛の中でも、ハイパースキン脱毛はとくに痛みへの対処を考え作られた脱毛方法になります。これは、ほかの脱毛の施述が、毛周期の成長期の毛に対して行われるのに対し、ハイパースキン脱毛は、休止期の毛根に対し行われるから。休止期の毛根に特殊な光を照射して発毛因子そのものを減少させてしまうという施術方法なのです。そのため、高温の熱を必要とせず、どんな部位であってもほぼ「無痛」と言われています。

そのほか、S.S.C脱毛法も痛みは少なく、さらに高速連射が可能になったため、従来の半分の時間で施術ができるようになってきています。 このように脱毛技術はもちろんですが、使われている脱毛器、脱毛方法にまで注目し、脱毛サロン比較をしてサロン選びをすることをおすすめします。

VIO脱毛がもたらす機能的・審美的な効果とは?

VIO脱毛がもたらす機能的・審美的な効果とは?

VIO脱毛はイマドキの女子にはワキ脱毛と並んで大人気の脱毛部位です。実際にすでにVIO脱毛体験をしている人も多く、ブログや口コミサイトでも好意的な感想がたくさん書き込まれています。多くの女性が、その効果を実感している様子。脱毛サロンの人気店、ミュゼでもワキ脱毛とビキニライン脱毛をセットにした回数無制限のプランなどもあります。初めての人ならなんとワンコインで施述が受けられるキャンペーンも実施していて、とても人気です。サロンに通い始めるきっかけになる部位でもあります。アンダーヘアの毛量調整や形にもこだわる人も増え、ますますアンダーヘアは、ムダ毛処理が当たり前の部位になってきています。 エステサロンや医療クリニックでは、アンダーヘアを三つのパートに分けて、Vライン・Iライン・Oラインと呼び、それをまとめてVIOと呼びます。

Vライン...ビキニラインのこと。下着や水着から、アンダーヘアの面積を小さくすることではみ出しをなくすことができます。海外では、ハイジニーナ脱毛(アンダーヘアがまったくない状態)が一般的ですが、日本では温泉などの文化もあることから、Vラインは少し残すという人が多いようです。また、形にもこだわる人が増えています。

Iライン...股の間のことをいいます。完全に処理するか少量のアンダーヘアを残すなど、自分の希望で脱毛範囲を決めることが可能です。この部位には女性ならではの悩みがあり、生理中の経血・おりもの・汗などが蒸れて、かゆみや臭いの発生が起きてしまいます。こうした悩みから解放されたいという希望で、施術を受ける人が多い部位です。

Oライン...お尻の奥、肛門周りのこと。VラインやIラインとは違って、ほぼ人の目に触れない部位なので、完全に脱毛してしまうのが普通です。Oラインを完全に脱毛することで、トイレの後の下着汚れや臭いの付着を最小限にすることができます。VIOの中では、もっとも機能的に優れた脱毛部位と言えます。

VIO脱毛で得られる審美的なメリット
VIO脱毛で得られる審美的なメリット

Vライン脱毛では、面倒な自己処理から解放されたいというほかに、かわいい下着や水着などを着たときに、アンダーヘアのはみ出しを防止したいという希望から受ける人が多い部位です。施術では、アンダーヘアの面積を小さくすることになりますが、その場合、希望の形に残すことも可能です。たとえば、たとえば、小さめの逆三角形や卵型、長方形・ハート型、あるいは上記したように完全に脱毛してしまうハイジニーナなどがあります。見た目にもきれいで、これは審美的なメリットと言えますね。 特にアンダーヘアの面積が広い・密度が濃い・剛毛であるというコンプレックスのある人には、アンダーヘアをこのように整えることができるのは、自信にもつながります。 このようにVIO脱毛には、機能的なメリットのほか、審美的な効果もあるのです。

VIO脱毛方法と回数

VIO脱毛はどのように施術するのでしょうか?一般的には、サロンで用意してくれる紙ショーツに着替えて、それを少しずつずらして施術を行ってくれます。最初は恥ずかしさもありますが、相手はプロなので、すぐに慣れてしまうでしょう。 初回のカウンセリング時、または施述前にそれぞれの脱毛範囲や残す形などを決め、施術を始めます。

  • Vラインの脱毛...仰向けの状態で、ショーツをずらしながら施術
  • Iラインの脱毛...両ひざを立て、そのひざを「くの字」の状態で外に倒したスタイルで施術
  • Oラインの脱毛...うつぶせになってひざを曲げた状態で施術

サロンを選ぶのに大事なことは、デリケートゾーンでもあるので、価格の安さだけではなく、脱毛技術でも信頼のあるサロンを選ぶようにすることです。

では、実際にVIOラインの脱毛完了までにはどのくらいの回数、サロンに通う必要があるのでしょうか? これは、アンダーヘアの面積や毛量、毛質などによって個人差がありますが、Vライン、Iラインの場合は、薄くする程度なら6回、完全にツルツルにしたい場合は12回くらいが目安です。Oラインは、ほかの部位に比べると、毛が細く薄い場合がほとんど。脱毛サロンで主流になっている光脱毛は毛のメラニン色素に反応するようになっているので、細い毛の場合は効果を実感するのに回数が必要になります。なので、最初から10~12回ほどかかると思っておくといいでしょう。

ページトップへ戻る