冬にやりがちな“見落としムダ毛”対策! ポーチに入るムダ毛処理グッズ特集

脱毛サロンまとめなびの
現在掲載中の
口コミ
これまでの口コミ 82

脱毛サロン選びに迷っている方は必見です!長く通う場所だからこそ、失敗しないサロンを選ぶポイントをご紹介。あのサロンが評価されているのは何故なのか…?人気の5大サロンを脱毛サロンまとめなびが徹底比較!

メニューを閉じる

冬にやりがちな“見落としムダ毛”対策! ポーチに入るムダ毛処理グッズ特集

miotoshi_mudage_goods

既に脱毛サロンに通っていて、全身つるつる。ムダ毛の心配なんてありません!と言える人ばかりではないのが現実。毎度生えてくる“ムダ毛”をせっせと自己処理している人も多いのではないでしょうか。ただし、自己処理だと必ずやってしまうのが“見落としムダ毛”。外出先で処理し忘れたムダ毛に気づいて焦った…なんて経験はきっと誰にでもあるはずです。


そんな“見落としムダ毛”の対応策として、ポーチに忍ばせておける脱毛グッズを紹介。「脱毛サロンまとめナビ」がおすすめのものを探してきました。


うっかり見落としてしまいがちな“ムダ毛”スポットはどこ?


miotoshi_kao_mudage

まずは、うっかり見落としがちなムダ毛スポットについて。巷でよく耳にするものといえば、「指の毛」「手の甲」「口周り」「足の指の毛」などですよね。口周りのムダ毛が、自分にしか見えていないというのは、もちろん幻想。いくらファンデーションを塗っていたとしても、少し相手に顔を近づけたなら、確実に気づかれてしまうものです。「この子、ヒゲ生えてる」なんて思われているかもしれません。


そして、冬だからこそ、盲点となるのが、足の指のムダ毛。この時期は特に人の目に触れることが少ないので、余計に忘れてしまいがち…。ですが、彼とお家デート、座敷での忘年会、友だちと温泉、ホームパーティなど人前で靴を脱ぐ機会はそれなりに多くやってくるものです。


“見落としムダ毛”の解決法は?


その時になって焦らないように、普段からしっかり気を配るのが一番ですが、うっかりしてしまうのが人間。見落としムダ毛の解決法としては、「見落としムダ毛スポットに気をつける」がひとつ、2つ目はいざというときのために「さっと使えるムダ毛処理グッズを化粧ポーチに忍ばせておく!」です。


というわけで、「脱毛サロンナビ」が今回目をつけたのは“コンパクトサイズの電気シェーバー”。ポイントは、ポーチに入るサイズ、見落としがちなムダ毛スポットに対応できる、そのアイテムさえあればどこでも使える…という3つ。中でも、肌への優しさを考えて作られたもので、ネットでの評価が高いものを2つセレクトしました。


【その1】Panasonic「フェリエ フェイス用 ES-WF40」 オープン価格
panasonic_felie_face

Panasonic「フェリエ フェイス用 ES-WF40(主要のネットショップでの価格は\1,500前後)」は、メイクの上からも使え、肌にやさしい丸い刃先でウブ毛をカットするフェイス用の電気シェーバー。マユの形づくりのときにまつげを保護するマユカバー、マユの長さを整えるマユコームもついています。手のひらに収まるサイズで本体重量もたった20gと、持ち運びに便利。

【その2】アルファP「ソルスティックミニ」 2,980円
alphap_sorustick

目をひくカラフルな色合いが特徴のアルファP「ソルスティックミニ」は、いつでもどこでもうぶ毛ケアができる乾電池式のシェーバー。顔はもちろん、腕や足など、気づいたときにさっと処理できるところが◎。刃が直接肌に触れないので、ヒリヒリしにくく優しい使い心地です。防水構造なので、お風呂場での使用や丸洗いもできます。大きさが約11cmだから、ポーチにも楽に入るのが嬉しいですね。


両アイテムとも、気づいたときにさっとお化粧室にかけこめば、手軽にムダ毛に対応できますね。2つとも広範囲に仕様できるところもポイントです。

【その他】シック「プレミア敏感肌用 Lディスポ」3本入り
schick_kaosori

とはいえ、いくらコンパクトサイズといっても電気シェーバーを、わざわざ持ち歩くのはめんどくさい!という人や、そこにお金をかける気にならないという人もいると少なからずいると思います。


せめて、小さなカミソリでも良いからポーチに入れておくのが女性として得策。シック「プレミア敏感肌用 Lディスポ」3本入り(オープ価格、主要のネットショップでの価格は300円前後)なら、折りたたみタイプもあって、さらに場所をとりません。肌を守るガードの間隔が、従来品の2倍細かいマイクロガードを搭載。敏感肌向けに作られているので安心して使うことができます。

“見落としムダ毛”の代償は大きい??


“見落としムダ毛”の代償って意外と大きいもの。例えば、男性は意外と女性の“ムダ毛処理の甘さ”に厳しいというのは周知の事実。自分の知らない間に彼や気になる男性にガッカリされている可能性もあるかもしれません。


また、自分自身のテンションも下がってしまいます。例えば、腕の“見落としムダ毛”を発見した日には女性としての自信はガタ落ち。おまけに腕のムダ毛を見られているのでは…と気になってしまって、人前で自信を持ってふるまうことができないかもしれません。それって、何だかもったいないですよね…。


女性にとっては、その“見落としムダ毛”が命とりになるかもしれません。備えあれば憂い無し。いざというときのために、しっかり準備しておきましょう。


ページトップへ戻る