メニューを閉じる

キレイモのシェービングで補助してもらえる範囲と追加料金

キレイモでは施術を受ける前のシェービングが必須です。

キレイモは全身脱毛専用サロンなので、背中やうなじなど自己処理が難しい範囲もシェービングした状態でないと脱毛の施術を受けられません。

キレイモ以外でも、フラッシュ脱毛(光脱毛)の方法を用いている脱毛サロンではどこも同じ。

ムダ毛が残っていることで脱毛効果が下がったり、痛みを感じることのないよう、キレイモではシェービングを補助するサービスを実施しています。

キレイモでのシェービングは、実は脱毛料金にも大きく関わってくる点なので、できれば契約前にシェービング代について知っておきたいところ。

わかりにくいキレイモのシェービングのしくみについて、実際に体験した内容も合わせて詳しく解説していきます。

キレイモのシェービングで補助してもらえる範囲はどこまで?

キレイモでシェービングの対象となっているのは以下の部位。

うなじ・背中・ヒップ・Oライン

背面の自己処理が難しい部分が対象となっています。

他の部位については基本的には自己処理が原則ですが、剃り残しがある場合、シェービングしてもらえることも。

脱毛まとめのスタッフがキレイモで施術を受けた際も、足や腕など剃り残しがあった部分はシェービングをしてもらうことができました。

店舗やスタッフによっては、対象部位以外のシェービングに対応してもらえないこともあるので、背面以外はきちんと自己処理していくようにしましょうね。

キレイモのシェービング代を料金プラン別で説明

キレイモではシェービング代が脱毛プランによって異なります。

契約する脱毛料金プランによっては無料で受けられる場合もあるので、事前によくチェックしておきましょう。

キレイモの月額定額プランでは、シェービング代が必ずかかります。

これはシェービングがあった部位の数にかかわらず、スタッフによるシェービングが発生した時点で確実に1,000円はかかってしまいます。

Q.背中やヒップも親や友人に剃ってもらったらシェービング代は無料にならないの?

キレイモの公式サイトで問い合わせた結果…

キレイモの月額制は自己処理が完璧でも必ずシェービング代がかかります!

キレイモの月額プランでは、施術ごとに領収書がもらえるのですが、月額料金にシェービングの費用が含まれた状態になります。

毎月、月額料金と同時に支払いすることになるので、気がつかない方も多いかもしれません。

キレイモの月額定額プランを契約したときの料金は次のように考えておくと良いかもしれませんね。

全身脱毛代金1回分
10,260円×2ヶ月+シェービング代 1,000円
=21,520円
自分で処理を行えばシェービング代がかからない脱毛サロンもあるので勘違いしやすいポイント。月額プランの料金が安いので仕方ない部分ではありますね…。

▼他の脱毛サロンとのシェービング代を比較

キレイモ以外で月額コースを採用している脱毛サロンでも、基本的にはシェービング代がかかります。

VラインやIライン、Oラインそれぞれのシェービング範囲は脱毛サロンによって違いがあります。

脱毛コースによってシェービング代に差が出るのはキレイモだけではありません。

脱毛ラボや銀座カラーと比べると、キレイモのシェービング代は比較的安めに設定されているといえますね。

キレイモでシェービング代無料なのはパックプランとスペシャルプラン

キレイモの回数制パックプランと、通い放題のスペシャルプランはシェービング代がかかりません。

回数制パックプランとスペシャルプランでは、最初からシェービング代が含まれた料金設定になっているため。

キレイモでは一見安く見える月額定額プランですが、シェービング代を含めると実は回数パックプランやスペシャルプランの方が安くなることもあるんです。

キレイモのそれぞれのプランで6・12・18回通った場合の総額を、シェービング代も含めて計算してみました。

キレイモでは、12回通った時点で回数パックプランの方が月額プランよりも安くなります。

また、18回通うとスペシャルプランの方が安くなる計算に。

キレイモではシェービング代がかなり負担になってしまうんですね。

キレイモで月額制プランを契約している方の口コミでも「毎回シェービング代がかかってはしまうのが負担」という声も多いので、なんとなく損した気分を避けたい人は最初からパック脱毛プランを検討するのも良いかもしれません。

キレイモは学割でもシェービング代が無料

キレイモで学生に人気の学割プランですが、こちらもシェービング代は無料です。

「学割パックプラン」というプランなので、シェービングに対する考え方はパックプランと同じなんですね。

シェービング代が無料なことも考えると、学生であれば絶対学割を利用した方がお得です。

実は学割でシェービング代が無料なのはキレイモだけ!

学割であってもシェービング代がかかってしまう脱毛サロンもあるので、安い料金で全身脱毛したい学生さんはキレイモが絶対おすすめです。

キレイモで剃り忘れたときの対処法

キレイモでは剃り忘れがあった場合、基本的にはシェービングに対応してくれます。

問題はどれくらいの剃り残しに対応してくれるのか。

キレイモでシェービングサービスの範囲となっている背面についてはもちろん剃ってくれます。

その他の部位については、脱毛まとめスタッフの経験を例にあげると、足や腕、顔脱毛についてはシェービングをしてもらうことができました。

しかし背面以外はムダ毛の自己処理が原則。

明らかに全身の剃り忘れがある場合は、その日の脱毛を受け付けてもらえないこともあるので注意しましょう。

キレイモで予約当日のシェービングはNG

キレイモで脱毛する前のムダ毛処理ですが、予約当日のシェービングは避けてください。

カウンセリング時や、脱毛前の注意事項でも説明がありますが、ムダ毛処理した後は肌が敏感になっているため、施術日直前のシェービングのせいで施術後の肌トラブルを引き起こしてしまうことも。

キレイモで脱毛を受ける前の自己処理は、脱毛日の2~3日前に行うのが理想的です。

キレイモでは乾燥している部位は施術を受けることができません。 脱毛まとめスタッフも、キレイモでの脱毛で、右のひざ下が乾燥していたため、その部分は脱毛してもらえなかったことがあります。

キレイモはシェーバーなしでシェービングサービスを受けられる

脱毛サロンによってはシェービングサービスを受けるために、個人で電動シェーバーを用意しなければならないところもあります。

電動シェーバーを購入していないとシェービングを受けられないこともあるので、脱毛サロンでわざわざ電動シェーバーを買うはめになったという人も少なくありません。

キレイモでは、シェービングサービスを受けるのに、電動シェーバーの用意は必要なし。

キレイモ各店に用意されている電動シェーバーでシェービングをしてもらうことができるので、手ぶらで脱毛が受けられます。

キレイモで使われている電動シェーバーはPanasonicのフェリエ。 顔脱毛用の電動シェーバーなので、肌にも優しく、多くの脱毛サロンやクリニックで使用されています。

キレイモの脱毛は全身プランなので下半身脱毛も行いますが、脱毛を行うたびに消毒を行っているので安心してシェービングを受けることができます。

ページトップへ戻る