メニューを閉じる

医療脱毛はどれくらい効果がある?実感できるのはいつから?

医療機関でのみ受けることができる医療脱毛。世間的には「なんとなく効果は高いけど料金は高い!」といったイメージがありますね。

「脱毛サロンは効果がないって聞くから医療脱毛をやりたい!」
「脱毛サロンで効果がなかったから医療脱毛へ通い始めた」

医療脱毛を始めるきっかけはさまざまですが、効果のある脱毛をしたいという人がほとんど。
医療脱毛の効果が高いといわれているのにはれっきとした理由があります。

通い続けることで脱毛効果がある医療脱毛ですが、もちろんデメリットもあるんです。医療脱毛でしっかり効果を出すためには医療脱毛のしくみを知っておくことが大切。

医療脱毛がどういった脱毛方法か?医療脱毛の効果は脱毛サロンとどう違うのか?実感できるまでにどれくらいかかるのか?具体的に医療脱毛に迫っていきましょう!

医療脱毛とは?効果があると言われるのはなぜ?

「医療脱毛」とは専用のクリニックで行われるれっきとした医療行為です。厚生労働省によって下記のように定められています。

第1 脱毛行為等に対する医師法の適用
 以下に示す行為は、医師が行うのでなければ保健衛生上危害の生ずるおそれのある行為であり、医師免許を有しない者が業として行えば医師法第17条に違反すること。 (1)用いる機器が医療用であるか否かを問わず、レーザー光線又はその他の強力なエネルギーを有する光線を毛根部分に照射し、毛乳頭、皮脂腺開口部等を破壊する行為
<参考>「医師免許を有しない者による脱毛行為等の取扱いについて
厚生労働省の通知 平成13年11月8日

脱毛エステサロンでの脱毛はジェルを塗って光を当てることによる光脱毛になりますが、医療脱毛では強力なレーザーを毛根部分に当てて毛根の細胞を破壊することで脱毛を行います。

このレーザーによる毛根細胞の破壊というのが最大の特徴であり、医療行為として資格を持った施術者しか実施できません。

脱毛サロンの脱毛はあくまでも「減毛・制毛」処理のことを指しているんですね。

医療脱毛は医療行為に当たることもあり、もちろんその分効果は高くなります。
脱毛サロンで行われている光脱毛とはそもそも使用している脱毛機が違い、それに沿って医療脱毛はレーザー脱毛とも呼ばれています。

医療レーザーを当てる毛は成長期にある毛。皮膚の下で伸びるのを待っている毛などについては、一度脱毛処理を行って数ヶ月ほど様子を見て、再びレーザーを当てるの繰り返しになります。

毛にレーザーを当てることで、レーザーからの熱を毛根が溜め込みます。これは毛が黒いことから、熱を溜め込む性質となっているため。日焼けをしすぎて肌がやけどのようにヒリヒリしてしまうのと同じような性質ですね。

それによって熱で毛の生える元となる細胞、もしくは毛を伸ばすために栄養を送り届けている部分を破壊することで毛が抜けるというしくみになっています。

医療脱毛は効果が高い分デメリットも

ここまでだと「効果が高いなら絶対医療脱毛を選んだほうが良いじゃん!」と思えますよね。確かに脱毛で効果の即効性を求める人にとっては医療脱毛がベスト。
ただ効果も高い分もちろんデメリットも存在します。

医療脱毛による肌トラブル

まず、レーザーの照射力が高いことによって、その分皮膚にも影響が出る可能性が高くなります。

医療脱毛でほぼ必ず起こると言われているのは、脱毛直後の毛穴の炎症です。脱毛したところに赤い斑点のようなものができます。

脱毛まとめ編集部で医療脱毛を体験したスタッフも、毎回毛穴の炎症で皮膚が赤くなっていたとのこと。熱がこもっているので避けられない現象ではありますね。

毛穴の炎症については一時的なものが多く、ほとんどが時間とともに治ります。

ただ人によってはそれ以上に、やけどやヒリヒリ感、毛のう炎と呼ばれるニキビのようなできものや色素沈着などの肌トラブルが出てしまう人も。

強いレーザーを使用している以上、肌が弱い人や時期で肌質が変化しやすい人にはどうしても出てきてしまうものです。

医療脱毛での肌トラブルを防ぐために、肌の保湿や日焼けの防止はもちろんのこと、脱毛後も強くこすったりせず、肌が乾燥しないよう予防する必要があります。

肌に不安のある人は、脱毛で起こるトラブルの例や対処法もチェックしてみてください。

医療脱毛は料金が高額なことが多い

一般的なイメージにもあるように、医療脱毛はまだまだ脱毛サロンに比べて高額です。キャンペーンなどで少しずつ安くなってきていますが、クリニックによっては1部位で1万円を超えることも。

例えば脇の脱毛。脱毛サロンを利用するとワンコインで気軽に試せるサロンも多いですが、医療脱毛の場合は平均で15,000円となっています。
単発の部位やセットプランについては脱毛サロンよりキャンペーンも少ないのが現状。

つまり医療脱毛クリニックでキャンペーンをやっているとしたらかなりお得!自分が気になる部位ならば、ぜひそのキャンペーンを利用して脱毛しておきたいところですね。

通常の料金プランではあまり気軽に試せるクリニックはありませんが、脱毛サロンでの光脱毛を経験していて効果を実感できない、あるいはもっとしっかり脱毛したいと感じた時に相談してみるのも良いですね。

医療脱毛は痛みが強い

口コミでも脱毛中に痛みを感じている人が多い医療脱毛。この痛みはレーザーで毛根細胞を破壊することにより起こります。

個人差もあり、脱毛を行う医療従事者の腕前などに左右されてしまう要素ではありますが、部位によっては焼け付くような痛みを感じてしまうことも。

脱毛まとめ編集部が医療脱毛を受けたときは、骨や筋の近くでチリッとした痛みを感じました。我慢できないわけではありませんが、脱毛サロンに比べると痛みがあるのは確かです。

こればかりは個人の体質や脱毛クリニックの人の腕前次第になってしまうため実際に痛いかどうかは受けてみないとわかりません。

痛みがどうしても苦手という方には、表面麻酔を行ってくれる脱毛クリニックもあるので一度相談してみるといいですね。

医療脱毛の効果が実感できるまでのプロセスと回数の目安は?

デメリットはあれど、医療脱毛はすぐに脱毛したい人にとってはかなりの味方。
医療脱毛の効果を実感できるまでには何回くらい受ける必要があるのか調査してみました!

医療脱毛では、毛量や脱毛する部位にもよりますが、5~11回でムダ毛が気にならないツルツル肌になれます。
回数に開きがある理由は、生えている毛量と休止期の毛がどれくらいあるかによって変わるため。

医療脱毛で腕の脱毛を行った編集部スタッフは、6回でムダ毛が気にならなくなりました!1週間に1回は必ずカミソリで処理をしていたのに、それがなくなるってなんて楽なの~♪

光脱毛と同様に医療脱毛も、施術を受けたらすぐ実感できるというわけではありません。

最初に脱毛を受けてから2週間ほどで、施術を受けた分の毛がするっと抜けてきます。それを5・6回繰り返すことで、密集して生えていた毛がだんだんまばらになっていきます。

8~10回くらいになるとほとんど生えなくなり、それ以上になるとまったくムダ毛を気にしなくていいという状態になるんです。

脱毛後にムダ毛が生えてきても、毛が成長するために必要な大元の細胞が破壊されているため、薄い毛が少し生えるくらいにとどまります。

脱毛を受けている途中で、きれいに毛が抜けずまだら状に毛が生えているような見た目になってしまうことがありますが、これは脱毛を受ける前にまだ生えていなかった毛が生えてきたことが原因なので、見た目はまだらに見えても脱毛自体はしっかり出来ています。

それも何度か脱毛を受けていく内に解消されていくので安心してくださいね。

医療脱毛は効果が高いけど永久脱毛じゃないの?

医療脱毛をすれば永久脱毛できる?という質問をいただきますが、実は医療脱毛=永久脱毛と言い切ることはできません。

日経ウーマンオンラインでは永久脱毛について下記のように取り上げられています。

永久脱毛は「最終脱毛から1カ月後の毛の再生率が20%以下であること」と定義づけられています。つまり、80%の減毛が得られれば永久脱毛といえるのです。

医療脱毛を続けることで、限りなく永久脱毛に近づくことはできますが、数回では永久脱毛とはいえません。これは光脱毛を行っている脱毛サロンでも同じ。

医療脱毛=永久脱毛という安易な考えで契約すると「満足するまで高額な料金を支払わなければならなくなった」なんてトラブルも起こるので注意が必要です!

ページトップへ戻る