100円ショップで買えるムダ毛ケアグッズを検証! 使える?使えない?

脱毛サロンまとめなびの
現在掲載中の
口コミ
これまでの口コミ 82

脱毛サロン選びに迷っている方は必見です!長く通う場所だからこそ、失敗しないサロンを選ぶポイントをご紹介。あのサロンが評価されているのは何故なのか…?人気の5大サロンを脱毛サロンまとめなびが徹底比較!

メニューを閉じる

100円ショップで買えるムダ毛ケアグッズを検証! 使える?使えない?


なんでも100円ショップで買える!といわれている時代。いろんな優秀グッズが揃っていることは周知の事実ですが、ムダ毛ケアグッズはどうなんだろう?


そんな素朴な疑問から、実際に検証してみることに。


ダイソーで売っていたムダ毛ケアグッズ2つ

100円ショップ「ザ・ダイソー」で見つけたのが、腕や足用の除毛パッド「smoothskin(スムーズスキン)」と、脱毛ワックスシート「WAX STRIP(ワックスストリップ)」(10枚入り)の2つ。


除毛パッド「smoothskin(スムーズスキン)」

使い方は、乾いた肌の上に、丸いパッドを当ててくるくるとこするだけ。使用回数の目安は約6回。


ちなみに除毛パッドというのは、肌に当ててこすった時の摩擦で毛を取り除くというもの。そのため、処理後の毛先が伸びてきても、チクチクしない…という利点があります。


除毛パッド「smoothskin(スムーズスキン)」をお試し!

実際にくるくるしてみたところ、確かに除毛はされていますが、少し力を入れないと変化なし…という様子。でも、あまり力を入れすぎると肌を傷つけてしまいそうで少しコワイ…。実際、使用した部分は後でヒリヒリしました。


ただし、「早い動作で、約3cmの円を描くようにすると効果的」とのことで試してみるとややスムーズに。慣れてくると力の入れ具合もわかってきます。


100円とはいえ“使えない”


乾いた肌に使うため、場所を選ばなくていいなど、良いところはあるのですが、実際に使うとなると、とにかく手間! 一部分だけならまだしも腕や足全部を処理使用とすると、果てしなく時間がかかりそうです。


またウブ毛みたいな細い毛ならいいですが、少し太い毛になると、くるくるしてもなかなか除毛されない…。力を入れすぎて肌を傷つけてしまったら元も子もありません。100円とはいえ“使えない”というのが、率直な感想です。

脱毛ワックスシート「WAX STRIP(ワックスストリップ)」

続いて、こちらはワックスシート。ワックスがついたシートを貼って時間をおいからベリッと剥がす脱毛法。普通のワックスに比べると、あらかじめシートにワックスがついている分、手軽な印象です。


1箱に大シートが3組6枚、小シートが2組4枚と拭き取りシートが入っています。


脱毛ワックスシート「WAX STRIP(ワックスストリップ)」をお試し!

肌の水分を拭き取り、クリームやオイルがついていない状態に。毛の長さは2m〜5mm程度にカットします。そして、脱毛シートを両手に挟んで温めてから、シートをゆっくりと剥がします。


続いて、剥がしたシートを毛の流れに沿って脱毛したい部分(今回は足の膝下部分でお試し)の貼り、数秒間おいて、毛の流れとは反対方向にベリっと剥がします。


毛が全然なくならない…!


こちらの脱毛シートですが、使った感想は「毛が全然なくならない…!」という感じ。しかも、足に残ったワックスが、拭き取りシートを使ってもなかなか取れずに大変。


ワキにも使えるようですが、細い毛もうまく処理できなかったので、太い毛の処理は難しそうです。


値段も値段ですし、仕方がないですが、これならもっとしっかりお金を出して良質なワックスを使った方が良さそうですね。

100円ショップの使い捨てカミソリも検証!

100円ショップでは、どこも様々な種類が売られていますが、定番のカミソリはどうなのだろう?ということで、今回はカミソリもリサーチ。キャンドゥや、ザ・ダイソーなど多くの100円ショップで取り扱われている「貝印カミソリ」のカミソリを2つほどピックアップしました。


レポートするのは「ボディカミソリ 3枚刃 首振り」と「折りたたみL(ガード付)」の2点

「ボディカミソリ 3枚刃 首振り」はボディ用のT字カミソリ。1本100円なので、3本〜5本入って100円のものよりは割高になりますが、3枚刃で肌にフィットする首振りヘッド。軽くて持ちやすく、良く剃れるのがポイントです。

もう一つの「折りたたみL(ガード付)」は、折りたたみ式の、顔・眉用のI字型カミソリ。刃の部分が少し長いので眉のお手入れは刃の先端の方を使って行うのがコツ。顔全体も剃ることができるのと、折りたたみ式なのでポーチに入れて持ち歩くのにも便利です。


100円ショップの使い捨てカミソリは、人によっては“使いやすい”という人も多そう。旅行や急なお泊まりなど、時と場合によっては活躍してくれそうですね。

セルフケアは慎重に…


いかがでしたでしょうか。今回、使い捨てカミソリは“使える!”、その他のアイテムは“微妙…”というのが感想でしたが、ムダ毛のセルフケアは、そもそも肌トラブルを引き起こしやすいものでもあります。だからこそ、自分にあったグッズ探しも慎重に行うようにしてくださいね。


ページトップへ戻る