メニューを閉じる

銀座カラーのシェービング代3,000円を無料にする方法は?

銀座カラーでは契約するコースでシェービングのサービス内容が異なります。

コースによっては、シェービング代で損をしてしまったという人もいるので、脱毛を受ける前にもう一度、銀座カラーでのシェービングについてチェックしておくようにしましょう。

銀座カラーでかかるシェービング代のほか、シェービングしてもらえるコースや部位、自己処理を忘れたときの対処法など順番にご説明していきます。

銀座カラーのシェービング代は3000円かかる

銀座カラーのシェービング代は1回の施術につき3,000円がかかります。

全身脱毛、部分脱毛にかかわらず、シェービング代がかかる場合はすべて一律で3,000円です。

銀座カラーは他の脱毛サロンに比べても、シェービングの料金が少々高めの設定となっています。

原則として、銀座カラーでは、予約日の前日までに自己処理をしてくる決まり。

とはいっても、背中など自分でのシェービングが難しい部位もありますよね。

そういった手の届かない部位についてはスタッフが脱毛の施術前に剃ってくれます。

このようにスタッフによるシェービングサービスを受けると、シェービングサービスとして脱毛そのものの料金に加えて、別途シェービング代として3,000円がかかってしまうわけですね。

「1回3,000円なら…」と考えるかもしれませんが、たとえば18回すべてシェービングしてもらうとなると、シェービング代だけで54,000円もかかってしまう計算に。

コースや通う回数によっては、スピード脱毛コースの料金を総額で上回ってしまうこともあるので、銀座カラーではシェービング代を軽く見ていると思わぬ損をしてしまうことに繋がります。

銀座カラーのシェービング代は無料にできる?

銀座カラーでこの3,000円を無料にする方法は2つ。

・スピード脱毛コースを契約する
・剃り残しのないよう完璧に自己処理を行う

銀座カラーの料金プランでは、全身脱毛でも部分脱毛でも、リーズナブル脱毛コースとスピード脱毛コースどちらかを選ぶことができます。

一番大きな違いは1年間に通える回数ですが、もう1つ大きな違いと言えるのがシェービング代がかかるかどうか。

新・全身脱毛を例に、リーズナブル脱毛コースとスピード脱毛コースそれぞれの違いを表にまとめました。

スピード脱毛コースにはシェービングサービスが付いているので、スタッフにどれだけシェービングをしてもらってもシェービング代は0円!

公式サイトには「シェービング代無料」と記載されていますが、これはスピード脱毛コースを選択した場合のみということになります。

つまり、シェービング代をまったく気にせずに銀座カラーへ通いたいという人はスピード脱毛コースを選びたいところ。

ただスピード脱毛コースは、リーズナブル脱毛コースに比べて、コース料金が10万円ほど高くなるので、急には契約できないという人もいますよね。

リーズナブル脱毛コースの人は「毎回シェービング代を払うしかないのか?」ということになりますが、そういうわけではありません。

銀座カラーに問い合わせてみました。

リーズナブル脱毛コースでは必ずシェービング代がかかってしまうのですか?
リーズナブル脱毛コースでも、自己処理をした上でご来店いただけましたらシェービングサービスは不要です。
スタッフがシェービングをする必要がないのでシェービング代はかかりません。

リーズナブル脱毛コースを契約しても、その日脱毛する部位をきちんと自己処理していればシェービング代は無料に。

全身脱毛の人は、特に背中やヒップなどを自分で処理するのはケガの恐れもあるので、親や友達に手伝ってもらうと良いですね。

自己処理は申告すると◎
銀座カラーではシェービングを行うのが普通になっているので、きちんと自己処理をしていても、スタッフによってはそのままシェービングを進められてしまうことがあります。
脱毛まとめスタッフの経験上、施術の前に担当のスタッフさんにはきちんと自己処理した旨を伝えておくのがオススメ!

銀座カラーでシェービングしてもらえる範囲

銀座カラーでスタッフにシェービングを手伝ってもらえるのは以下の部位。

背面部分(えり足・背中上・背中下・腰・ヒップ・ヒップ奥)

銀座カラーでは自分の手で届かない範囲のみ、シェービングサービスの対象となります。

その他の自分で処理ができる範囲については、自己処理が必須です。

自分での処理がしにくいVIOも、シェービングの対象範囲外になっています。

全身脱毛を契約している人は、特に剃り残しのないよう入念に処理を行いましょう。

銀座カラーではシェーバーの持参が必須!シェーバーを忘れたら?

銀座カラーではシェービングサービスを受けるために電気シェーバーを持参しなければなりません。

衛生面を考えると、自分のシェーバーでシェービングしてもらえるのは安心できますね。

電気シェーバーを忘れた場合は、銀座カラーの店舗で購入すればシェービングサービスを受けられますが、思わぬ出費になってしまうこともあるので、忘れないようにしましょう。

銀座カラーで剃り残しがあったらどうなる?

自分では完璧に処理したつもりでも、ムダ毛の剃り残しはあるものです。

銀座カラーでは、シェービングの剃り残しがあった場合、その範囲については脱毛を受けることができません。

つまり、シェービングサービスの対象部位以外で剃り残しがあると脱毛できないということ。

剃り残しがある部分を避けての脱毛になるので、毎回剃り残しがあると、効果に差が出てきてしまうこともあります。

剃り残しと肌トラブルを避けるためには、自分で手が届かないところは他の人に剃ってもらうのがおすすめ。

他の人の補助を受けられない場合は、背中や腰、ヒップはシェービング代を払ってでも、スタッフにおまかせしてしまうというのも良いと思います。

銀座カラーでシェービングを忘れたときの対処法は?

脱毛の予約までには期間があるので、直前になって「今日銀座カラーで脱毛だった!」と思い出すことも少なくありません。

銀座カラーでは、当日にシェービングを忘れて来店してしまうと、最悪の場合施術が受けられないこともあるので注意が必要になります。

またシェービングを忘れていて当日にキャンセルをしてしまうと、当日キャンセルの扱いになり、脱毛1回分消化になったり、罰金を支払ったりといったペナルティとなります。

スタッフに全身のシェービングをお願いすると、予定していた施術時間よりも長くなってしまうため、次に予約している人の時間にずれ込んでしまう可能性があるんですよね。
銀座カラーとしてもそれは避けたいところなので仕方ありません。

前日までのシェービングを忘れないためには、予約日を銀座カラーのマイページ上でこまめにチェックしておくのが賢明です。

いまなら銀座カラーでシェーバープレゼントのキャンペーン中

銀座カラーではシェービングサービスを受ける際、電気シェーバーを持参しなければなりません。

家電量販店などで事前に購入しておくのがおすすめですが、サロンで販売しているものの方が安心ということであれば、銀座カラーでのカウンセリング時に一緒に購入しておくのも良いと思います。

実は現在、銀座カラーでは全身脱毛のスピード脱毛コースを契約した全員に、期間限定でシェーバーをプレゼント中!

銀座カラーでスピード脱毛コースの契約を検討している人は、チェックしておきたいキャンペーンです。

ページトップへ戻る